エビの下ごしらえ

魚介類には、魚以外にもエビやカニ、イカやタコと言ったモノもある。

 

こういったモノの下ごしらえについてまとめておく。

 

まずは、えび。

 

殻をむくときは、腹側の足がついている方から外す。

 

全部むいてしまうか、尾を残すかは、料理によって異なる。

 

それからエビには「背わた」と言うのがあって、背の中心にワタがある。

 

これが残っていると、舌ざわりだったり味が悪くなってしまうので、竹串などとがったもの差し込んで引き抜いておく。

 

背中に切り目を入れて取り除いてもいい。

 

頭をつけたまま調理するときも、わたは取り除く。

 

それから忘れやすいのが、エビの尾を残す場合、尾の先っぽをVの字型に包丁を入れること。

 

この部分には空洞があって、切れ目を入れずに油で揚げたりすると破裂して危険だ。

 

そう言う面倒なことをしたくない場合は、冷凍のむきえびを買ってきた方が良い。

 


エビの下ごしらえ・動画

イカの下ごしらえ

イカも最近は冷凍食品がたくさん出回っているので、普段はそちらを使った方が便利。

 

ただ何かの折に、つい生のイカをもらったり買ってきたりする。

 

そう言う場合はまず、まな板に置く。

 

指を袴に入れて足の付け根と胴がくっついている部分を外し、そのまま引っ張ってわたごと引き抜く。

 

このとき、わたを壊さないように気をつけないと、イカが溶ける。

 

次に胴の内側にある軟骨を見つけて引き抜く。

 

エンペラが胴とくっついている部分を離して、エンペラごと引っ張って皮をはがす。

 

このとき、手がすべりやすいので、フキンやペーパータオルで本体を押さえた方が楽。

 

次にわたの付け根の部分(目の少し上)に包丁を入れてわたと足を切り分ける。

 

この時もわたを傷つけないように気をつける。

 

わたは塩辛などに利用できる。

 

目と足の真ん中で切り離して目玉と軟骨部分を取り除く。

 

輪になった足を切り開いて内側にある硬いくちばしを取り除く。

 

イカには長い2本の手があるので、その先についている硬い吸盤を包丁でこそげ落として終了。

 

イカの下ごしらえ・動画

飲食店経営 教材人気ランキング

★第2位★攻めの飲食店経営術 強い経営体質を生む デリバリープロジェクトマニュアル(DPM)

★第3位★儲かるラーメン屋の作り方!ラーメン屋開業マニュアル

★第4位★たった1枚のアンケートで繁盛飲食店?!ラーメン『津気屋』の繁盛飲食店集客プロジェクト

★ジュガール★多くのインド人ビジネスマンはなぜアメリカで成功できるのか?サチン・チョードリーがその秘密を日本に伝える印僑大富豪の教え“ジュガール”

★美容院・サロン経営★集客で悩む小さなサロンオーナーのための「進化塾」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加