生野菜は体に良い、、、けれど

生野菜は、浅漬けでたくさん摂る!健康の秘訣としては、生野菜をたくさん摂るという事があげられる。

 

ただし、生の野菜はなかなかそんなに食べられない。

 

西式健康法などの本によると、健康のためには生野菜を1日1キロくらい食べろと書いてある。

 

厚生労働省でも、野菜を毎日350グラム以上食べろと推奨しているわけだけれど、推奨するくらいだから実際はなかなかそこまで取れてないのが現実だ。

 

で、いろいろやってみたんだけれど、生野菜を食べるのっていうのは、なかなか難しい。

 

市販の青汁でも良いが、あれは様々な処理をされているので、酵素がどうしても壊れてしまう。

 

そうすると切れ味が悪いとか言うし。

 

で、見つけたのが「浅漬け」っていう方法だ。

 

浅漬けは、生野菜を使って、半時間ほどで味をつける。

 

これは熱を加えてないので、酵素もさほど壊れていない。

 

野菜の種類を選べば、大きな健康効果も期待できそうだ。

 


浅漬けのための野菜えらび、一工夫

健康のための浅漬けは、とにかく量を食べる事を第一に考える。

 

ご飯のお供という事ではなくて、食事のメインだ。

 

西式健康法だと、1キロも食べろと言うことだから、中くらいのボウル一杯作って食べる。

 

使う野菜は、大根やニンジンなどの根菜と、ほうれん草や小松菜、キャベツや白菜などの葉野菜を中心に使う。

 

よくあるキュウリや茄子、トマトと言った野菜は、身体を冷やす野菜なので、避けた方が良い。

 

何せ大量に食べるわけだから、これは止めた方が良い。

 

私なんか、知らずにキュウリと茄子の浅漬けを山ほど食べたら、翌日思いっきり風邪引いた。

 

夏野菜は、火を入れて熱性の食べ物と一緒に食べた方が良い。

 

浅漬けの作り方・いろいろ

浅漬けの作り方は、浅漬けの素を使うのが一番簡単だ。

 

液体状のモノもあるが、粉末状のモノの方が安い。

 

キムチ味のヤツもでている。

 

また、塩昆布や、昆布つゆを使う方法もある。

 

この場合は酢と、鷹の爪(唐辛子)を軽く火であぶって、加える。

 

ちなみに普通に0から調味液を作ると

  • 砂糖 大さじ1/2
  • あらじお(塩) 小さじ2
  • 酢 大さじ1/2
  • 醤油 小さじ1
  • 昆布だし 80ミリリットル
  • とうらがらし 1本
を用意して、鍋に軽く出汁を温めてそこに他の材料を入れる。

 

唐辛子は最後で良い。

 

ショウガやミョウガを入れてもよい。

 

あとは野菜を薄切りにしてボウルに放り込み、上から浅漬けの素を振りかけ、手でザクザク混ぜればよい。

 

それを半時間ほど冷蔵庫に入れておく。

 

あるいはビニール袋やポリエチレンの袋に野菜を入れて、そこに浅漬けの素や塩こぶ、昆布汁などを入れて、袋の中で混ぜて、半時間ほど冷蔵庫に入れておく。

 

菊菜やキャベツなども浅漬けにできる。

 

西式だと、根菜と葉野菜は半々くらいが良いとあるので、旬の一番安い葉野菜をベースに、大根やニンジン・カブを加えて、5種類くらいの野菜で浅漬けを作ると健康によい浅漬けになるはず。

 

広告

飲食店経営 教材人気ランキング

★第2位★攻めの飲食店経営術 強い経営体質を生む デリバリープロジェクトマニュアル(DPM)

★第3位★儲かるラーメン屋の作り方!ラーメン屋開業マニュアル

★第4位★たった1枚のアンケートで繁盛飲食店?!ラーメン『津気屋』の繁盛飲食店集客プロジェクト

★ジュガール★多くのインド人ビジネスマンはなぜアメリカで成功できるのか?サチン・チョードリーがその秘密を日本に伝える印僑大富豪の教え“ジュガール”

★美容院・サロン経営★集客で悩む小さなサロンオーナーのための「進化塾」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン


このエントリーをはてなブックマークに追加