レシピ・ザ・ワールド!みんなの家庭料理レシピ

その他、あったらいい調味料

日本酒や、みりんの使い方

その他、基本的に必要な調味料としては、日本酒みりん胡椒、などがある。

 

天ぷらなどをする場合は、片栗粉や小麦粉なども調味料として必要になる。

 

酒は必ず煮立ててアルコールを飛ばしてから使う。

 

料理酒の場合は、そのまま入れて良い場合もある。

 

みりんには、アルコールが含まれている本みりんとアルコール度数が1%未満に抑えられているみりん風調味料があるが、風味は本みりんの方が良い。

 

みりん風調味料というのは、アルコール販売の免許がない小売店でも売れるように開発されたものなので、多少風味が犠牲になっている。

 

みりんは、ほのかな甘みがあるので、みりんを使う場合は砂糖を控えめにする。

 

基本的には、料理の最後に加える。

 

照りが出てキレイに仕上がるという。

 


山椒、胡椒、ゆず胡椒

山椒や胡椒、ゆず胡椒などと言った調味料は、和食のスパイスです。

 

ぴりっとした辛みは、臭み消しにもなるし、料理のアクセントにもなる。

 

もちろん、唐辛子なども必要です。

 

胡椒には、白こしょう、黒こしょう、粗びきこしょうなどのタイプがあるが、これはもう好きなモノを選ぶのが一番。

 

引き立てのこしょうは香りが格段に違うので、ミル付きの胡椒入れを使うといい。

 

それから山椒は、和食の吸い物などでは欠かせないスパイス。

 

最近は、九州の「ゆず胡椒」なんて言うのが人気だけれど、これは青唐辛子とユズを使った調味料。

 

香りが良くて、なおかつピリッとするので、冷や奴などにも良い。

 

ただし使いすぎると、みんな同じ香りになるのが欠点だが。

 

片栗粉、油なども、ちょっと凝ってみよう。

和食と油というのは、あんまり結びつきが弱いイメージだけど、天ぷらはメジャーな和食では油を使う料理。

 

元々江戸時代からあるもので、この場合はゴマ油を使う。

 

ただしゴマ油は高いし、クセもキツいので、サラダ油とゴマ油を混ぜて使うこともある。

 

オリーブ油は、残念ながらちょっと違った質の油なのでサラダ油とは混ぜない方が良いね。

 

あとは天ぷらに使う小麦粉だけど、普通は薄力粉のことだ。

 

中力粉、強力粉などという小麦粉もあるが、これはパンやうどんなど、粘りけのあるモノを作る時に使う粉だ。

 

一方、天ぷらをからっと揚げるために、片栗粉を使う場合もある。

 

唐揚げの衣やとろみ付けにも使われるので、あんかけなどを造る場合には必須の調味料と言うことになる。

 

こちらはそんなに使うものではないので、料理が決まってから手に入れても良い。

 

スポンサードリンク

飲食店経営 教材人気ランキング

★第1位★ドン底だった飲食店が一躍繁盛店へと大逆転!わずか60日でお客さんを2倍にする、誰にでもカンタンにできる集客方法!

★第2位★攻めの飲食店経営術 強い経営体質を生む デリバリープロジェクトマニュアル(DPM)

★第3位★儲かるラーメン屋の作り方!ラーメン屋開業マニュアル

★第4位★たった1枚のアンケートで繁盛飲食店?!ラーメン『津気屋』の繁盛飲食店集客プロジェクト

★飲食店用エクセル帳票★効果てきめん!飲食店を繁盛させる帳票はこれ!飲食マネジメント帳票

★ジュガール★多くのインド人ビジネスマンはなぜアメリカで成功できるのか?サチン・チョードリーがその秘密を日本に伝える印僑大富豪の教え“ジュガール”

★美容院・サロン経営★集客で悩む小さなサロンオーナーのための「進化塾」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加