チキンソテーの作り方・予熱0から焼くのがコツ!

チキンソテー焼き方

 

鳥料理というのは、実は結構難しい料理だ。

 

鶏肉というのは、おいしくなるタイミングを過ぎて加熱するとパサパサになるし、それ未満だと生焼けになってしまうから。

 

ためしてガッテンの放送によると、60度くらいで旨みが出てくるが、80度以上になると旨みが逃げてパサパサになってしまうという。

 

小口の鳥肉だと、包丁の断面が丸くなったときがちょうど良い食べ頃ということになるが、これを見極めるのは難しい。

 

というのもビーフステーキの場合は、肉の厚みが2センチなら2センチと均一だが、鳥肉の場合は、分厚いところや薄いところがある。

 

薄いところに火が通っても、分厚いところは生焼けだったりする。

 

この辺の焼き加減が、非常に難しいところだ。

 

逆に言うと、それさえ押さえておけば旨い取り料理が作れるわけだから、非常にありがたいとも言える。

 

チキンソテーでそれを学ぼう。

 


チキンソテーの作り方・材料2人前

■材料鶏むね肉…2枚パセリ…少々■ソース玉ねぎ…1/2個白ワイン…大さじ3トマトケチャップ…大さじ1水…大さじ3バター…大さじ1/2)塩コショウ小麦粉サラダ油

チキンソテーの作り方・焼く

■作り方(1)鶏肉は余分な脂肪を取り除いて、両面に塩コショウする。

 

白ワインを振っても良い。

 

(2)小麦粉をビニール袋に入れて、中に鶏肉を入れて振り混ぜて、まんべんなく粉をまぶす。

 

(3)フライパンを用意し、まずサラダ油を大さじ1入れて、その上に鶏肉の皮の面を下にして並べる。

 

※まだ火にかけない!(4)フライパンのそこに炎が当たらないくらいの弱火(弱めの中火)で焼く(5)皮目にこんがりと焼き色がついたら裏返し、ふたをして2分ほど蒸し焼きにする。

 

(6)鶏肉の側面の色を見ると火の通り方が分かるので、半分の高さまで来たら裏返す。

 

(7)肉に火が通ったら、皿に取り出し、冷めないように保温しておく。

 

(8)フライパンにバターの半量を溶かし、薄切りにした玉ねぎを入れて炒め、白ワイン、ケチャップ、水を加えて煮詰め、最後に残りのバターを加える。

 

(9)肉にこのソースをかければ、チキンソテーの出来上がり。

 

簡単鶏肉ソテー料理・動画

飲食店経営 教材人気ランキング

★第2位★攻めの飲食店経営術 強い経営体質を生む デリバリープロジェクトマニュアル(DPM)

★第3位★儲かるラーメン屋の作り方!ラーメン屋開業マニュアル

★第4位★たった1枚のアンケートで繁盛飲食店?!ラーメン『津気屋』の繁盛飲食店集客プロジェクト

★ジュガール★多くのインド人ビジネスマンはなぜアメリカで成功できるのか?サチン・チョードリーがその秘密を日本に伝える印僑大富豪の教え“ジュガール”

★美容院・サロン経営★集客で悩む小さなサロンオーナーのための「進化塾」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加