ご飯の炊き方

ご飯をおいしく炊くコツ

和食は、おいしいご飯抜きには語れない。

 

ご飯の炊き方がうまければ、家庭料理は半分成功したようなもの。

 

変な話、あとは佃煮でも漬け物でも、玉子かけご飯でも言い訳だから。

 

和食の基本である「ご飯の炊き方」をマスターすれば、毎日の食生活は良くなる。

 

まあもちろん、みそ汁も旨くないといけないわけだが。

 

で、ご飯を炊く場合、基本的には炊飯器で炊けばよい。

 

分量は、1合とか2合とかという単位になるが、1合というのは180mlということになる。

 

で、ご飯を炊くときに一番問題になるのが水の量。

 

これを失敗すると、硬すぎたり柔らかすぎたりということになる。

 

しかし案外これが難しい。

 


ご飯の炊き方。

ご飯の炊き方は、炊飯器の説明書通りにするのが一番いい。

 

水の分量は、季節によって違うが、秋冬の新米が出回る頃には、水は米の分量の1.1倍くらい。

 

一方、春夏の季節は、1.2倍と少し分量を増やす。

 

ただし、米をといだ時に水を吸うので、その分を調節しないといけない。

 

米の研ぎ方は、一般に東日本では硬水なので、米通しをこすり合わせるように研ぐ。

 

最初に入れた水は、すぐに捨ててぬか臭さを米につけないようにする。

 

…とかなんとかいうが、最近は精米技術が上がって、殆どぬかなどついていない場合も多い。

 

無洗米なんて言って、洗わないでも良いお米も多いしね。

 

なので、お米をとぐ注意は、自宅で玄米を精米しているような場合に限られる。

 

自宅で精米する場合は、どうしてもぬかが残るので、これはもうしっかりとお米をとがないといけない。

 

3回くらい素早く水を捨てながら、研ぐ。

 

最後はざるにあげて、30分ほど水を切っておき、炊飯器に入れて、規定の分量だけ水を入れる。

 

お米が炊けたら、10分くらい蒸らしたあと、しゃもじで切るように底から返して混ぜ、全体をほぐして余分な蒸気を逃がして終わり。

 

できれば木のおひつに移せば余分な水分を吸ってくれるのだけれど、そこまでやる必要はないように思う。

 

スポンサードリンク

飲食店経営 教材人気ランキング

★第1位★ドン底だった飲食店が一躍繁盛店へと大逆転!わずか60日でお客さんを2倍にする、誰にでもカンタンにできる集客方法!

★第2位★攻めの飲食店経営術 強い経営体質を生む デリバリープロジェクトマニュアル(DPM)

★第3位★儲かるラーメン屋の作り方!ラーメン屋開業マニュアル

★第4位★たった1枚のアンケートで繁盛飲食店?!ラーメン『津気屋』の繁盛飲食店集客プロジェクト

★飲食店用エクセル帳票★効果てきめん!飲食店を繁盛させる帳票はこれ!飲食マネジメント帳票

★ジュガール★多くのインド人ビジネスマンはなぜアメリカで成功できるのか?サチン・チョードリーがその秘密を日本に伝える印僑大富豪の教え“ジュガール”

★美容院・サロン経営★集客で悩む小さなサロンオーナーのための「進化塾」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加